2006/07/16

湯俣

060715a 昨日、ソバの仲間から、源流釣りの案内をして欲しい云われ、湯俣まで行ってきました。七倉まで車で入り、タクシーで高瀬ダム。その時までは、カンカン照りにならなけば、いい釣り日和だと期待して歩き出す。初めの1㌔のトンネルを出たら、雨が降り出す。次のトンネルを出たところで雨具をつける。最後まで日差しがなく、小雨になったり、強く降ったりの一日でした。湯俣まで、10km。途中の沢で釣りをするが、成果なし。昼に湯俣温泉・晴嵐荘着。自分以外は、皆、そこそこの釣り師なので、ガッカリの様子。ビールを飲み、風呂に入り、『雨の中よくここまで歩いた・・・』と窓の景色を眺める。2時過ぎに、来た道を歩き出す。来るときに入らなかった沢で再度挑戦。天のお情けか、実力か分からないが、年長者にアタリあり、一匹釣り上げる。
皆、往復20キロも歩いて釣りをしたことがないので、非常に疲れたがいい経験をしたと感謝される。060715b060715c060715d060715e

| | コメント (8) | トラックバック (0)