« 浅間山(湯の平)便り 38号 | トップページ | 四郎岳・燕巣山 »

2012/06/26

里山を縦走し独鈷山

A334


先週の土曜日(6/23)に、2回目の挑戦で念願の「我が家から独鈷山」縦走が出来ました。
上の写真は、夕方5時半の独鈷山山頂です。

今回のルートは前回と若干異なり、上田市丸子体育館に車を停めて宗龍寺山門からのスタートでした。
主なルートは以下の通りです。里山といえ登山道がない部分が大半で、体力の衰えもあり合計約11時間あまりの山歩きでした。

体育館(8:45)⇒宗龍寺(9:00)⇒依田城跡・通称女山(9:30)⇒903mJP(10:10)⇒男山(10:40)⇒冨士嶽山(12:05)⇒平井寺峠(13:00)⇒981mピーク(14:50)⇒独鈷山(17:30)⇒宮沢口バス停(18:50)⇒(バス利用)⇒体育館(19:25)

今回のルートではそれほどの藪コギもなかったのですが、肝心の必要な地図を間違えて持っていったため、途中1回尾根を間違えました。木の葉が茂り、見晴らしが利かない。それでも天候に恵まれ何とかなりました。当然のことながら山中では誰にも会うことがありませんでした。ただバス停に下りてきた時に地元の方から、『今下りてきたの』と。明るいとはいえ7時近くでしたから。

以下は、*女山から浅間連峰、*903mJP、*男山(993.4m)の三角点、*冨士嶽山(1034m)東峰です。

B317C318D319E322

平井寺峠からの後半は、非常に面白くタフさの山でした。尾根上の岩を降りられず、数回捲きました。
特に独鈷山手前のピークがきつかった。それでも完走の気持ちで下山できました。

以下は、*981mピークへの岩尾根、*一般登山道への合流地点、*縦走した尾根・遠景は浅間山、*独鈷山の山頂から四阿山と根子岳です。

F328G333H337I339

|

« 浅間山(湯の平)便り 38号 | トップページ | 四郎岳・燕巣山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浅間山(湯の平)便り 38号 | トップページ | 四郎岳・燕巣山 »