« 渋田見山(霊泉寺川遡行) | トップページ | 里山を縦走し独鈷山 »

2012/06/12

浅間山(湯の平)便り 38号

A251


昨日、火山館に行って来ました。残念ながら山頂には霧が掛かっておりました。
上の写真は、カモシカ平からの「トーミの頭」です。
2ヶ月ぶりの登山道はすっかり雪も消え、初夏の様相になりました。
登山者は数年前に比べて非常に多い。
朝の6時ごろから夕方遅くまで登山者が火山館の周りに見かけるそうです。
高山植物の花も咲き出しました。それでも今年は1週間ほど季節が遅れているそうです(火山館長の話)。
今度の日曜日(6/17)、我が浅間山クラブ主催、小諸市後援の自然観察会が開かれます。
自分は今年も自治会の行事で出られませんが、多くの方に浅間・湯の平の自然を満喫していただければと願っております。

以下のは、*火山館、ハクサンイチゲ、イワカガミ、不動の滝近くの登山道 です。

B240C238D247E255

|

« 渋田見山(霊泉寺川遡行) | トップページ | 里山を縦走し独鈷山 »

コメント

イワカガミが恥ずかしそうに、
うつむいて咲いていますね。
高山植物はホントに可愛いです。
私はもうハイキングはできないですが
高山植物を見ながら散策したいです。

投稿: すみれ | 2012/07/08 17:34

すみれさん。
昨日の爺ヶ岳、沢山の花が咲いていました。
一緒に登った仲間に高山植物に詳しい人がいて、学習しながら種池山荘にたどり着きました。
山荘でガイドブックと照らし合わせた女性の話では、登山道に36種類ぐらいの花が咲いていたそうです。
次回は忘れないでカメラ持参しますから、そのときは楽しみに。

投稿: t | 2012/07/10 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋田見山(霊泉寺川遡行) | トップページ | 里山を縦走し独鈷山 »